スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

壁紙の設定方法の基本(Windowsの場合)

壁紙をダウンロード・設定するに当たってまず最初にしなければならないことは、あなたのパソコンの画面のサイズ(解像度)を調べることです。なぜなら画面のサイズにピッタリ合った画像でなければ、その画像の本来の美しさを楽しむことができないからなのですです。たとえ画面のサイズと違うサイズの画像を壁紙に設定したとしても、画像を拡大表示や縮小表示することによって画面一杯に表示することは可能なのですが、そうすることによってどうしても、画像が荒くなったりぼやけてしまったりしてしまうからなのです。もしご自身のパソコンの画面サイズを知らない場合には「画面のプロパティ(後ほど詳述します)」から簡単に調べることができるので、事前にしっかりとチェックしておいてください。

インターネットで壁紙を探していてお気に入りの壁紙が見つかったとします。その画像を壁紙に設定する最も簡単な方法は、まず表示されている画像の上で右クリックします。そして出てきたメニューの中から、Internet Explorerの場合は「背景に設定」を、Netscapeの場合は「壁紙に設定」をクリックするだけなんです。まずほとんどの場合はこの操作のみで自動的に壁紙が切り替わるでしょう。

ただし、この方法で壁紙を設定した場合には一つだけ注意しなければならないことがあります。もし次にこれと同じ操作で壁紙を設定した場合には、前に設定してあった壁紙画像が新たに設定した壁紙画像によって上書きされてしまうんです。ところがこの「新しく設定した画像が実際に壁紙に設定してみるとイマイチだった・・・」みたいなことは良くありますよね?そのような場合、すでに上書きされてしまっているので、元の気に入っていた壁紙画像に戻せなくなってしまうんですね。これは非常に困ったことです。

そこで一つ良い方法があるのでご紹介しておきます。

もしインターネットで壁紙を探していて、お気に入りの画像が見つかったとしても、上記の方法でそれをすぐに壁紙に設定するのではなく、いったん別の場所にダウンロード保存しておくのです。保存しておく場所はご自身が管理できる場所であればどこでも構いません。「壁紙」など分かり易い名前を付けたフォルダをお好きな場所に作っておいて、そこにどんどんお気に入りの壁紙候補画像をコレクションしておき、後であらためてゆっくりどの画像を壁紙に設定するか決めれば良いのです。確かに最初の方法からすると二度手間になってしまうのですが、お気に入りの画像がふとしたはずみで消してしまわないためにも、こちらの方法をおすすめします。


このページの上へ | 壁紙無料ダウンロードのツボtop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。